生活習慣病って想像以上に怖い!

ガン、心臓病、脳卒中、この3つの病気は日本人の三大死因と言われています。

これらの三大死因は、高血圧や高脂血症、糖尿病等が増えてきている事により、いつまで経っても減らない大病と言われています。

高血圧や高脂血症、糖尿病と言えば、以前は加齢や遺伝的要因が主と言われてきました。

しかし最近は、不適切な食生活や飲酒過多、喫煙、運動不足、ストレス等、これらが主な原因と言われています。

これらの生活の歪みから発症する事が増えた為、以前は成人病と言われてきた病名が生活習慣病と呼ばれるようになったそうです。

何気なく不規則な生活になっていても、それほど自分に害はないのだと思う方が大半のようです。

しかし、生活習慣病に繋げてしまい、高血圧や肥満、糖代謝の悪さ、脂質の多さは、毎日の生活習慣を変えるだけで簡単に改善させる事が出来ます。

生活習慣病は、想像以上に恐ろしい病気です。

自分の生活習慣はどうなのか、1度見直してみませんか。

生活習慣予防 ① 食事は腹八分目で

お腹いっぱいになると、物凄く満足感に思えますよね。

スッキリ気持ちが満たされた~!なんて思いますが、食べ過ぎの体への負担は想像以上です。

必要以上食べ過ぎてしまうと、胃の消化運動が物凄く忙しくなってしまいます。

想像以上のエネルギーを余分に使わなければならなくなり、次々と食べ物が送り込まれてくることで胃が物凄く疲れてしまいます。

休む暇も与えられなくなる胃は、どんどん負担によりダメージが多くなり、こんな事が毎日毎食繰り返されていくと、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸等、臓器の全てがフル回転で疲れきってしまい、自ずと不調に陥ってしまいます。

腹八分目が良いと言われるのは、これらの悪循環を防ぐ為です。

でもやっぱりお腹いっぱいに感じなきゃ嫌だ!という人は、良く噛む事です。

良く噛む事で、満腹中枢をグンと上げる事が出来ます。

口に食べ物を入れたら箸を置き、黙って良く噛むようにしましょう。

理想は30回ですが、慣れていない人は10回位で口の中の食べ物が無くなってしまいます。

徐々に慣れるようにし、15回20回へと回数を増やしてみましょう。

生活習慣予防 ② 野菜や大豆類、海藻をたっぷり摂取

野菜や大豆類、海藻等には、食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維というのは大変大事な物質であり、糖質や脂肪の吸収を遅らせてくれます。

その為、満腹感を得られやすく持続させる事も出来ます。

更に、腸内の老廃物やコレステロールを吸着して排出させる事が出来るので、体の中がスッキリしていきます。

人間の健康は腸で決まると言われるほど腸の健康は大事なので、それに役立ってくれるのが食物繊維です。

野菜や海藻にはビタミンやミネラルがたっぷり含まれているので、動脈硬化やガンを防ぐ事も出来ます。

生活習慣予防 ③ 青魚を食べよう

青魚に含まれているDHAやEPAは、抗血栓作用に大変優れています。

青魚を1日2回毎日食べている人は、食べない人に比べて心筋梗塞になる可能性が6割も少ないそうです。

脂肪を減らす作用もあり、血流も良くなるので癌の予防や動脈硬化、心臓の病気等、あらゆる大病にも効果を発揮してくれます。

更に、アレルギーの緩和にも効果があるので、免疫力向上にも役立ってくれます。

お魚全般体にいいですが、その中でも青魚を積極的に摂取するようにしてみましょう。

青魚が苦手でしたら、DHAのサプリメントでも簡単に摂取出来ますよ。

生活習慣予防 ④ 塩分は極力控えよう

塩分は、生活習慣病に物凄く良くありません。

血流を悪くさせてしまうので、様々な生活習慣病へと繋げてしまいます。

自宅での食事をしていると過多になり過ぎる事も少ないですが、外食や加工食品ばかりを摂取していると、自然と塩分過多へとつなげてしまいます。

外食や加工品は、万人の口に味が合うように塩分キツメに作られています。

体の事を考えるのであれば、必要以外の外食や加工品の摂取は控えるようにしましょう。

お塩にも色んな種類がありますので、家庭のお料理で使う場合、使うお塩の質にも拘ってみましょう。

塩分が少な目なミネラルタップリのお塩も販売されていますので、スーパーやネット等で調べて体に良いお塩を使ってみるのも1つの方法ですよ。

生活習慣予防 ⑤ 動く習慣を付けよう

年齢を増してくると、どうしても疎かになってしまうのが動く事では無いでしょうか。

もちろん、最低限家の中や近く程度は歩きますが、それ以外はどうでしょうか。

学生時代の様に多方面に動き回るといった事からは、随分遠ざかっている方も多いのではないでしょうか。 

ウォーキングなどの有酸素運動は、悪玉コレステロールを下げて善玉コレステロールを上げてくれる作用があります。

近所を20分ほど歩く、ジム等で水中ウォーキングをする等、動く事を意識してみましょう。

また、何でも車で済ませず、近くなら歩いて行動するようにしましょう。

エレベーターやエスカレーターではなく、階段等、歩く機会を自ら作り出すようにしましょう。

万歩計を付けると、数が増えていくのが楽しくなっていきますよ。

今のガラケーやスマホには付いている物やアプリもありますので、設定するだけで毎日調べる事が出来ます。

意外と歩数が伸びた時は、ついつい喜んでしまいますよ